TOP TOP
 
 

メトロミックス360 (Metro-Mix 360) 約79L  配送料込み

価格: ¥6,005 (税込)
[ポイント還元 300ポイント~]
数量:
在庫: 申し訳ございません。予定数終了いたしました。

返品についての詳細はこちら

twitter

花・野菜の挿し芽、ポット植え付け用に最適
ハイポネックスの人工培養土


メトロミックス 360

■メトロミックス360特長
●ピートモスとバーミキュライトを主成分とした人工培養土です。
●花や野菜の挿し木・挿し芽用土や鉢物植物、緑化植物の植え付け用土として幅広く使用できます。
●挿し木、挿し芽に適した初期肥料と湿潤剤を配合しています。
●透水性に優れ、しかも適度な保水性を維持します。
●メトロミックス350と比べ、やや粗めのピートモスを使用しています。
バークアッシュが含まれ、バーミキュライトと共に適度に保肥性、保水性を向上させます。
●約79L入り。軽量で袋から出してそのまま使える作業性の良い培養土です。
●こちらの商品は別倉庫からの発送になります。
  他の商品より2~3日ほど到着が遅れることがあります。
   

■用途
●播種・挿し木・挿し芽用土に
鉢花・花壇苗・野菜などの播種床、播種箱、プラグ育苗用土に適しています。
また、挿し木・挿し芽繁殖にも適しています。
●植えつけ用土に
花壇苗・鉢物植物・ハンギング生産の鉢物用土やポット用土に適しています。
また、底面給水(C鋼・マット・エブアンドフローなど)にも適しています。
●植栽・花壇への混合用土に
緑化・植栽用の培養土として単体で使用できます。
土壌改良剤として、硬くしまった花壇・植栽土壌に混合しても使用できます。

■品質管理
お客様のお手元にお届けするまでに、製造元とハイポネックスのダブルチェックを実施し、厳しい品質検査と安定・良質な製品管理を行っています。
アメリカ・サングロ社での検査風景

より良い苗作りのために…播種・挿し木・挿し芽用土
■使い方
●播種の場合、しっかりとして苗作りのために、子葉が展開する頃からピータース液肥を与えることをおすすめします。
特に本葉が展開する頃から、植え付けまで肥料が切れないようにします。
施肥間隔は週に1回が目安ですが、高温で潅水回数が多い時期や、プラグトレイの406穴のように土の容量が少ない場合は肥料切れが早いので、施肥間隔を狭める必要があります。
●培養土を物理的あるいは化学的に、より均一にするには、2~3袋混ぜてご使用されることをおすすめします。
●撥水時には、水分調整剤ワターインの使用が効果的です。
■元肥管理例
肥料用給料の高い葉菜類など野菜に使用する場合は元肥にマグァンプを混合する方法もあります。
■液肥管理例(施肥プログラム)
プラグ育苗のステージと施肥

  ステージ1(播種~幼根発根)  ステージ2(幼根発根~子葉展開) ステージ3(子葉展開~本葉3~4枚) ステージ4(苗仕上げ
鉢上げ準備) 
パンジー、ビオラ、ナデシコ、ペチュニア、マリーゴールド、ハボタン、プリムラなど 施肥はしない 週1回、15-0-15を50~70ppmN(3000~2000倍)で施用  週1回、20-10-20PLと15-0-15を100~150ppmNで交互に施用。
20-10-20PL:2000~1333倍
15-0-15:1500~1000倍 
トマト、キュウリ、ナス、キャベツ、ハクサイ、レタス、ネギなど 施肥しない 
※この栽培方法は一つの事例ですので、あくまでも参考とお考えください。施肥濃度、施肥間隔はECを測定して調節してください。
※週1回の施肥が基準ですが、潅水回数が増える時期や、406穴など土の容量が少ないプラグトレイを使用する場合は、施肥間隔を短くしてください。

健全な生育のために…植え付け用土
■使い方
●メトロミックス350・メトロミックス360は、ポット上げや鉢物用土として使用できます。
メトロミックスはバークアッシュ配合により適度な物理性・保肥性を保持します。
●開封後、ポットや鉢にそのまま詰めて植え付けができます。
●底面給水の鉢物用土としても最適です。

植栽・花壇への混合用土に
■使い方
●メトロミックス350・メトロミックス360は公園、屋上緑化、屋内緑化の植栽用の培養土として、単体で使用できます。
●土壌改良剤として、固くしまった植栽や花壇の土壌に混合して使用できます。
●植えつけた植物のスムーズな活着と生育を促進します。

商品検索

初めての方へ

★マグァンプくん日記★

マグァンプくん

ご来店誠にありがとうございます。
店長日記はこちら >>

出荷カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷可能日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ